太陽の塔の様々な姿を楽しむ!【イルミナイト万博「永遠の万華鏡」】

冬といえばイルミネーションが綺麗な季節
冬は最も空気が澄んだ季節なので、イルミネーションなどの光のアートが他の季節よりも綺麗に見えるそうです
是非この時期に観に行きたいですよね

大阪府にある万博記念公園では、
プロジェクションアートイルミネーションの共演が楽しめるイベントが開催されます

【Wonder Experience イルミナイト万博「永遠の万華鏡」】

本日はこちらのイベントをご紹介します

【クイズコーナー 
前回の答え今日の問題は記事最後をチェック!▼

プロジェクションアートとイルミネーションの世界♪

太陽の塔とイルミネーション
※画像はイメージです。
会場図
画像提供:万博記念公園マネジメント・パートナーズ
①中央口ゲートを抜けると太陽の広場に敷かれた光の絨毯が目前に登場します。
②イルミネーションのトンネルが光の世界へ誘います。
③太陽の塔の前にはさまざまなデザインのイルミネーションが色彩を放ちます。

万博記念公園で開催される、
Wonder Experience イルミナイト万博「永遠の万華鏡」

100万枚に及ぶ色鮮やかなデジタル画像が毎秒変化する、プロジェクションアートデジタル掛け軸
今年は太陽の塔の過去の顔がある背面に演出されるため、お祭り広場側から鑑賞できます
太陽の塔の背面に映し出される映像にはひとつとして同じものがなく、二度と同じものを見ることができない一期一会の極彩
デジタル掛け軸(DK)は、CMや番組オープニング映像などを多数手がけ数々の賞を受賞した長谷川章氏によるもの。
プロジェクションアートの先駆者として、人間という生物のリズムを取り戻す新しいアートカテゴリーであるD-Kライブを世界各地でインスタレーションされています
みなさんも一度きりのデジタル掛け軸を通して、思い思いの情感を感じてみましょう

また、太陽の塔の正面である太陽の広場周辺はイルミネーションで彩られ、幻想的で美しい光の世界がお楽しみいただけます

プロジェクションアートイルミネーションの融合による光の演出を体感し、幻想的で美しい光の世界の中で、みなさまも思い思いにアートを感じてみてはいかがでしょうか

公式サイトはこちらをクリック▼
太陽の塔
画像提供:万博記念公園マネジメント・パートナーズ

【開催期間】
2019年12月6日(金) – 12月8日(日)
2019年12月13日(金) – 12月15日(日)
2019年12月20日(金) – 12月22日(日)
2019年12月24日(火) – 12月29日(日)
※雨天決行・荒天中止

【開催時間】
各日 日没から21:00(入園は20:30まで)
※16:30以降は中央口・日本庭園前ゲートからのみご入園いただけます。
※16:30以降は中央駐車場、日本庭園前駐車場をご利用ください。(入庫は20:30まで)

【料金】
無料(別途自然文化園入園料が必要)

日本庭園・自然文化園共通利用料金
個人 大人260円 小中学生80円
※その他団体料金、使用料等の減免又は免除につきましては、公式サイトをご覧ください。

【場所】
万博記念公園
太陽の広場、お祭り広場 ほか

大阪モノレール「万博記念公園駅」「公園東口駅」

PICK UP駐車場

車でお出掛けの際は、車は駅近くの駐車場に停めてパークアンドライドをするのもいいですね
今回は、万博記念公園近くの駐車場とパークアンドライドがしやすい大阪モノレール沿線上の駐車場をご紹介します

万博記念公園付近の駐車場
スペース 山田東第1

パークアンドライドにオススメ
大阪モノレール「南茨木駅」付近の駐車場
スペース 茨木第2

是非ご利用ください

人気イベントへお出かけの際はパークアンドライド!

周辺の渋滞が予想される人気イベント、人気エリアへお出かけの際は
パークアンドライドでのアクセスがおススメ
最寄り駅周辺のスペース24の駐車場を是非ご利用下さい


駐車場の場所は下記の駐車場検索サービスにて
調べることが出来ます

【スペース24 駐車場検索サービス】
http://www.space24.co.jp/

駐車場検索


★☆★☆★☆★☆★☆★☆
☆   クイズコーナー  ★
★☆★☆★☆★☆★☆★☆
ふぐ
前回の答えは“ふぐ”でした!

前回の問題をもう一度見る(リンク先下部)

【今日の問題】
今日の問題はマジカルアイ
マジカルアイ
※気になる答えは次回の更新にて