【やなぎみわ展 神話機械】のご紹介とアクセス方法

11月もそろそろ終わりを迎え、もう12月になりますね。
また一段と寒くなりそうなので、体調管理には気を付けたいですね🙂

今回は約10年ぶりとなる個展をご紹介します!

静岡県静岡市静岡県立美術館で開催される

【やなぎみわ展 神話機械】

です。

【クイズコーナー 
前回の答え今日の問題は記事最後をチェック!▼

『やなぎみわ展 神話機械』とは

女神と男神
《女神と男神が桃の木の下で別れる:川中島》(部分)2016年 作家蔵

『やなぎみわ展 神話機械』とは、1990年代から現在に至るまで、現代美術のみならず演劇界でも忘れられないアートシーンを創出してきた美術家やなぎみわ(1967~ )の個展です😀
大きな感動を産んだ、日本各地を巡礼する野外活動と並行し、日本神話をモチーフにを撮影した新作シリーズを制作しており、今回、日本で初めてまとめて発表します!!

写真作品だけではなく、マシンによる無人公演を見ることができる《神話機械》という作品など、日常では味わうことが出来ない世界観を味わうことができます。

やなぎみわ《神話機械・ムネーメー(投擲マシン)》2019年
被災地からの発信・心の復興支援事業実行委員会蔵 撮影:表恒匡

やなぎみわの世界観満載の個展で、ぜひ現代美術のおもしろさを発見してみてください😀

公式サイトはこちらをクリック▼
静岡県立美術館
画像提供:静岡県立美術館

『やなぎみわ展 神話機械』の詳細

【開催期間】
2019年12月10日(火) – 2020年2月24日(月・振休)

【開館時間】
10:00 – 17:30(展示室の入室は17:00まで)

【休館日】
毎週月曜日(ただし、1月13日(月・祝)、2月24日(月・振休)は開館、1月14日(火)は休館)
年末年始休館:2019年12月29日(日) – 2020年1月1日(水)

【観覧料】
・前売券
一般:1,000円/70歳以上:500円/大学生以下:無料
・当日券
一般:1,200円/70歳以上:600円/大学生以下:無料
・団体券
一般:1,000円/70歳以上:500円/大学生以下:無料
※収蔵品展、ロダン館も併せてご覧いただけます。
※団体のお申込/20名以上の団体のお申込は、美術館総務課へお問合わせください。学生の団体を引率の場合、引率の先生は無料になる場合があります。詳しくは美術館まで。
※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている方と付添者1名は、企画展、収蔵品展とも無料でご覧いただけます。専用駐車場のほか、車椅子も完備しております。美術館総務課までお問合わせください。

【アクセス】
静岡県立美術館
JR東海道線「草薙駅」から徒歩約25分、またはバス約6分
静岡鉄道「県立美術館前駅」から徒歩約15分、またはバス約3分

PICK UP駐車場♪

静岡鉄道「草薙駅」周辺の駐車場をご紹介

チケパ  草薙駅前第2

チケパの場所は下記の駐車場検索サービスにて
調べることが出来ます

【スペース24 駐車場検索サービス】
http://www.space24.co.jp/

駐車場検索

PECOポイント会員募集中

PECOポイントとはチケットパーキング(旧スペースECO)
レンタサイクルを利用した分ポイントが貯まる会員サービス
※入会金、年会費は無料です

貯めたポイントは各種ポイントに交換しちゃおう
(交換可能なポイントは、nanacowaon
楽天Edy各種ギフト交換等々他にも多数)
会員特典イロイロあります
会員特典 詳細

PECO会員への登録はこちら

★☆★☆★☆★☆★☆★☆
☆  クイズコーナー  ★
★☆★☆★☆★☆★☆★☆

さくらのイラスト

前回の答えは”さくら”でした!

前回の問題をもう一度見る(リンク先下部)

【今日の問題】
今日の問題はマジカルアイ

マジカルアイ

※気になる答えは次回の更新にて♪